インターネット検索型とは?

結婚相談所のタイプは大きく分けて2種類

結婚相談所は全国に約5千社あると言われていますが、大きく分けると2つの種類があります。昔からある結婚相談所のタイプが、仲人・結婚相談室型です。婚活アドバイザーなどと呼ばれるスタッフがいて、相手の紹介やお見合いのセッティングなどをしてくれます。インターネットの普及により登場したのが、結婚情報サービス型の結婚相談所です。PCやスマホでいつでもどこでも自分好みの相手のプロフィールを検索・閲覧できるサービスです。入会時に年収や学歴・会社名などを証明する書類の提出が必要なので、通常の婚活サイトに比べて信頼があります。サクラや業者がいる心配もありません。オプションでサポートをつけられることもありますが、基本的には婚活アドバイザーはつかないようです。

結婚情報サービス型のメリット・デメリット

結婚情報サービス型の最大のメリットは、仲人・結婚相談室型と比べて会員数が圧倒的に多いことでしょう。また、インターネットにつながった環境があれば自由に相手を検索・閲覧できるので、スキマ時間を利用して結婚相手を探せることもメリットです。仲人・結婚相談室型では平均して10万円~20万円程度の成婚料がかかりますが、結婚情報サービス型では0円~5万円前後となっています。しかし、これにはデメリットもあります。成婚料とは成功報酬のことなので、成婚料が高いほど結婚アドバイザーのサポートが充実していると考えられます。成婚料が0円の結婚相談所では成婚しても報酬が発生しないので、スタッフの本気度は低い傾向です。結婚を成功させようとする強い意思を持って活動する必要があります。

結婚相談所を福岡で探す時は交通の便が良く、料金プランやサービス内容を比較すると決めるきっかけになります。

© Copyright Matchmaking Dating Service. All Rights Reserved.